弁護士(又は士業)が自身の事業を持った方がよいと思う理由について

こんにちは!弁護士の田中今日太です。

さて,このメッセージを読んでいる方は,弁護士業界の方(又は私のことを知っている人)が多いのではないでしょうか?

まあ,普通の人は,弁護士のページなんて見ないですからね。

私が思うに,弁護士(士業)はよく独立しますね。

今,現在勤務している人も,なんだかんだで「いつかは独立」という方もいると思います。

さて,これは何故でしょうか?

おそらく心理的な理由と経済的な理由があると思います。

まず,司法試験を目指すような人は、社会不適合者が多いと思います(笑)

実際,皆さんの知る弁護士の中には,この人明らかに社会不適合者じゃないかと思う人も多いのではないでしょうか?

ですので,人の下につきたがらず,ついたとしても人間関係がうまくいかない,ということが多い。

という心理的な理由からの独立ですね(笑)笑い話のようですが,これはガチだと思います(笑)

また,経済的な理由ということですが,

思うに士業は経費があまりかかりません。

せいぜい事務所家賃と人件費です。

まあ,集客に力を入れているところは広告費もかかりますが。

つまり,経費があまりかからないので,起業に伴うリスクが高くなく,独立しやすい,ということですね。

以上の理由で,弁護士(士業)は独立しやすいということです。

さて,ここから,弁護士が他業種の事業をやった方がよいという理由について述べます。

弁護士業は,他業種に比べて,依然として利益率が高く,キャッシュを残しやすいビジネスモデルです。

なので,経営に力をいれてこなくても,今までは何とかなってきましたし,本当に,ほそぼそとやって自分の生活だけなんとかなればよい,という考えなら,今後もある程度なんとかなると思います。

一方で,法律事務所経営に力を入れて頑張る事務所は,依然として,キャッシュを残せる可能性が高いです。

では,そのキャッシュを何に使うか,ということです。

私としては,これを他業種の事業に用いたらどうか?と考えています。(ここはポートフォリオの考え方があるので,キャッシュの用途は,別途述べますね。)

ここから,弁護士に事業なんて無理ですよ?と思われる方に向けて,弁護士が経営者に向いている理由を述べます。

まず,弁護士は司法試験(ほかの士業の試験)に合格するぐらいですから,やはり地頭はよいはずです。

そして,論理的思考が基本的に身につく仕事です。

また,経営者は,よく論理的,合理的な思考が求められます。

(一方で,経営者の方は,数字が好きではない,もしくは勢いで考える方もおられますが,それは経験に裏付けられた合理的思考であると私は考えています。)

となると,この意味で,弁護士は経営者に向いているということです。

また,経営者も,勉強(さまざまな分野)が求められます。よく人に会って飲みまくることが好きな経営者の方もおられますが,これは人に会うことで様々な知識を得て,ビジネスチャンスに活かしているのです。

弁護士は,司法試験の勉強を死ぬほどやるわけですから,まあなんだかんだで勉強好きです。

つまり,弁護士は,勉強熱心で,論理的思考もあるという素養があるわけです。

ここが通常の経営者に比して,優位性がありますね。

以上の理由が,弁護士(士業)が経営者に向いていると思う理由です。

一方で,①弁護士はコミュ力が低いケースが多いです。

また,②忙しく中々時間が取れない,というケースも多いです。

となると,この二つの欠点がカバーできているなら,今後弁護士業界,法律業界が下火になることを考えると,他業種の経営に行うのも一つの経営判断ということになります。

ちなみに,私は,自分では,②の点で引っかかっていると思っています笑

どなたか仕事を手伝ってください(笑)