なぜ,その仕事をするのか?

こんにちは!弁護士の田中今日太です。

 さて,皆さんは,一人一人が何かの仕事をされていませんか?

 ここで,質問です。

 皆さんは,なぜその仕事をしているのでしょうか?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 お金のためだよ!

 生活のためだよ!

 という声が聞こえてきそうですね。

 さて,もう一度質問を確認しましょう。

 私の質問は,「なぜ仕事をしているのでしょうか?」ではありません。

 私の質問は,「なぜその仕事をしているのでしょうか?」です。

 「その」仕事をしている理由です。

 これは,とても大切なテーマです。

 例えばですが,私が債務整理の仕事をしている理由は,

「借金する人をなくすためです。」

 お客様の中には,ギャンブルや浪費によって借金をして,破産などの手続をとられる方がいます。

 もちろん,ギャンブルや浪費によって借金してしまう人に非はあります。

 しかしながら,消費者金融やクレジットカード会社に非はないのでしょうか?

 私が思うに,消費者金融やクレジットカード会社にも非はあります。

 なぜなら,借金しやすい環境を積極的に宣伝しているからです。

 ご存知の通り,消費者金融はCMで面白おかしいような内容のものをたくさん流してますね。

 クレジットカード会社も,ブランド力を誇って,そのカードを持つこと,使うことが一種のステータスのように装ってますね。

 このような情報が流されていれば,人は,「借金は身近なものなんだ」「借りても返すのは簡単だ」「カードを使うことはカッコいい」「なら借りてしまおう」と思ってしまいます。

 しかし,借金の入り口は,そんな軽い気持ちですが,いざ使い始めると,一定数の人は,節約や金銭管理が苦手なために,借金を重ねてしまう人がいます。

 すると,本人には,そこまで多くの借金をするつもりがなかったのに,借金を重ねてしまう人が生まれてしまいます。

 実際,私が面談をする中で,意図的に借金して金を使いまくってやろう!というお客様は稀です。

 むしろ,気が付かないうちに,いつの間にかこんなところまで借金が膨らんでしまった,本当にどうしよう,という方が多いのです。

 そう考えると,消費者金融やクレジットカード会社の利益のために,

「借金をしやすい環境が作られている」という現状こそが問題であることに気づきますよね?

 だからこそ,私は,「借金をしやすい環境が作られている」現状の中で,

「借金をしないように,注意喚起をすること」

「借金をして返済ができなくなってしまった方について債務整理の手続をすること」

「そして,再起更生を図ってもらい,もう借金をしないようにすること」

こそが,私の使命だと思うようになりました。

 実は,私が受け持っている他の分野についても,それぞれ「理由」があって,その仕事をしています。

 もしも,このような「理由」がないのであれば,それは,「仕事」ではありません。

単なる「作業」です。

 「作業」をすれば,お金はもらえるかもしれません。

 生活もできるかもしれません。

 でも,本当の意味で心は満たされず,自分の存在意義を満たすことはできません。

 ただの「作業」なら自分がその仕事をする理由はありません。

 他の人でもできるし,他の人がやればいいのです。

 しかし,「仕事」なら,「自分こそ」がその仕事をしなければなりません。

 私は,「その仕事をする理由」を,従業員や社員に広め,またお客様に広めることで,世の中が少しずつでもよくなっていけばいいと思ってます。

 自分の存在が,人や社会にとって「良い影響」を与えるために,「なぜその仕事をするのか」を考えてみると,面白い発見があるかもしれません。

 もし,その理由がない方は,考えてみることをオススメします!