一人一人が実業を持つ

さて,近年,「ブラック企業」という言葉が流行ってますね。

個人的な考えを言うと,ブラック企業はやめた方いいと思います。

・・・!?

言われなくても,分かってるよ!という言葉が返ってきそうですね(笑)

私がここでいうブラック企業とは,

長時間働くことより勿論ですが,単にピラミッドの下部に従業員や社員が位置付けられてしまって,そこから這い上がることができない,または著しく難しくなっていて,かつその仕事がその人の個性・才能を発揮させない企業を言います。

人は,自分の個性・才能を発揮できなければ,自分に価値を感じることができません。

自分に価値がないと思い込まされてしまうからこそ,転職も難しいと思ってしまうはずです。

自分に価値がないと思い込まされるのは,そこの会社で長時間働いて思考能力を低下させられたり,企業内での過度な競争にさらされて,その出世レースに勝てなかったり,上司に過度に怒られすぎたり,人間関係がうまくいかなかったりした場合に,そのように思うのではないでしょうか?

ご経験のある方もおられるかもしれませんね。

ここで,単に,事務作業をするだけでよい,仕事に全くやりがいを見出していない,という方もおられると思います。

ただ,そういう方も,会社での仕事において自分の個性才能を発揮していないだけで,家に帰ったときの自分の時間を大切にされていたりするはずです。

家に帰った時に自分の時間の中で,自分の個性・才能を見出しているのです。

なので,もしも,そういう方が,会社で長時間の勤務を課せられたら,家の時間がなくなるので,さっそく自分の個性・才能を発揮できなくなって,自分に価値を感じられなくなるではないでしょうか?

ブラック企業になってから,ホワイト企業,という言葉も生まれました。

その風潮もあってか,副業を解禁する動きも出てきていますね。

私も副業は,会社にとって利益相反にならない限り,大賛成です。

(もしも,利益相反になるなら,潔く会社を辞めて,独立すべきです。)

それが一人一人の個性と才能を発揮することにつながるはずだからです。

インターネットができて,自分の情報や考えを発信することが容易な時代になりました。

そして,何らかのスキルを身に着けるということも,録画などの研修素材などで,録画などがない時代に比べて身に着けやすくなりました。

今,そしてこれからの時代は,それぞれが実業をもった経営者になっていくべきではないでしょうか?

そうすれば,売上,経費,利益について学ばざるを得ず,また接客などの顧客対応も学ばなければならず,一人一人が「人間力」を向上させなければならなくなります。

このように,一人一人が「人間力」を向上させれば,とても素晴らしい社会や世界ができると思います。

人にやさしくすべきとき,逆に厳しくすべきとき,そうした区別が出来て,理不尽さが少しずつなくなっていくのではないでしょうか?

企業にいることによる安心感は,もしかしたら,自分に対する自信のなさ,の現れではないでしょうか?

自分に自信を持つためには,何かに誇りと理念をもって,地道にそれを続けるのが一番の近道だと思います。

スキルを身に着けることが容易になった今こそ,一人一人が実業をもって,個性と才能を発揮しましょう。