任意整理とは? | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

任意整理とは、あなたに代わって弁護士が貸金業者などの債権者と交渉を行い、債務の返済スケジュールを負担の軽いものにする手続きです。具体的には、月々の返済額・返済期間について交渉を行います。
また、任意整理では原則として将来利息をカットし、現在ある債務額を固定した上でその額を支払っていくよう交渉を進めます。そのため、月々の負担が減るだけでなく、全体として支払うべき債務額が減ることにもつながります。

任意整理って簡単にできるの?

  • 毎月返済をしているが、利息にとられて元金がほとんど減らない
  • 利息さえなければ返済の目途が立つ
  • 月々の返済額がもう少し減らせれば余裕ができる

こういった悩みを抱えておられる方はたくさんいます。返済が滞ったせいで債権者から督促され、やむなく別の金融機関から借金をする、という方もたくさんいらっしゃるのです。しかしこれでは借入額が増える一方で、ますます返済が困難になってしまいます。
お一人で抱え込まず、一度弁護士にご相談ください。
任意整理を行うのに、特に必要な条件などはありません。破産や再生の場合、裁判所に債務の返済義務の免除や債務の減額を認めてもらう法的手続きになりますから、綿密な準備や資料収集が必要になります。また、破産をすると、資格を制限されたり、財産を処分されるなど、デメリットも大きいです。
任意整理の場合、あくまで債権者と任意の交渉を行うだけですから、破産や再生のような面倒な手続きはなく、財産を処分されることもありません。

任意整理は返済計画を変更するだけ?

確かに、任意整理では返済すべき借金の額が、再生手続を取った場合のように大幅に減少するということはありません。主眼は、月々の返済額を減少させ、余裕を持った返済計画を立てることにあります。
しかし、任意整理では今後の返済計画を立てるのに、将来利息や遅延損害金をカットする交渉を行うのが一般的です。将来利息をカットし、現在ある債務額を確定させたうえで、その債務を今後どのように支払っていくか、を交渉によって決めるのです。
毎月の支払いのほとんどが利息に充てられているという方や、利息さえなければなんとか返済できるという方は、任意整理を行えば十分返済の目途が立つのではないでしょうか。
このように、将来の利息をカットできるだけでも、経済的利益は大きいといえます。

また、任意整理を弁護士に依頼すると、各債権者に弁護士から受任通知を発送することになります。受任通知を送れば債権者からの請求はストップしますから、一時的ではありますが返済をやめることができ、その間に生活の立て直しを図ることも可能です。

破産はしたくない方へ

ご依頼者の中には、自分で作った借金なのに、それを踏み倒すのはどうしても嫌だ、という方もたくさんおられます。これまでお話ししてきたように、任意整理の主眼は借金を大幅に減らすことにあるわけではありません。利息や遅延損害金など、ある程度の減額をしたうえで、「なんとかして借金を返していく方法を見つける」ことを目的としています。
ですので、今後の支払いの目途が立っており、自分で借金をきちんと返したいとお考えの方は、任意整理を検討されることをお勧めします。

関連する解決事例

自分で債権者に分割の交渉を試みたが失敗。弁護士を入れて交渉し、無事分割の支払いに

友達に連れて行ってもらったホストクラブにすっかりはまってしまいました。アルバイトのお金だけでは当然足りるはずもなく、当時大学生だった私は、学生でも簡単に作れるクレジットカードを利用して、ホストクラブに通い詰めました。返済できるかどうかも考えず、返済を一度もすることなくカードを使い続けていたある日、債権者から支払いを催促する書面が届きました。いつの間にか借金は60万円をこえていたのです。 我に返り、ホストクラブ通いをやめると、生活に余裕が出てきました。毎月4万円ずつくらいであれば問題なく返済できる状態になったので、債権者に連絡したのですが、電話口で「話にならない。一括で返せ」と言われてしまいました。 さすがに、20代の私に60万円もの貯金はなく、どうしていいか分かりません。

自動車以外の会社に任意整理を行うことで自動車を残すことができました。

多額の自動車ローンを組んでしまい、返済のために、さらに借金をするという生活を続けてきました。自動車を残して、他の借金だけ整理することはできないのでしょうか。

次の仕事が見つかるまで返済を待ってもらい、支払える金額での分割払いの和解。

職場を退職することにより借金を返すことができなくなりました。 自分のせいでできた借金なので返していきたいのですが、次の仕事ができるようになるまで借金を待ってもらうことはできないのでしょうか。

関連するコラム

破産しても愛車は売りたくないのですが…

自己破産をすると原則として財産は処分しなければならないため、愛車は没収されてしまいます。 しかし、生活を維持し仕事を続けるために車が必要な場合など、自己破産で車を失えば困ってしまう人も多いでしょう。 今回は、自己破産で愛車が処分されるケース、手元に残せるケースについて詳しく解説していきます。   自己破産で車が処分対象になるケースとは? 価値のある財産をお金に換え、できる限り借金の返済をすることで初...

任意整理は弁護士の腕の見せ所

債務者側と貸金業者が交渉をし、合意に至ることで初めて任意整理が可能になります。 貸金業者にとっては、任意整理をされた場合は返済額が下がってしまうことになるため、債務者が直接交渉をしても、合意を得るのは難しいでしょう。債権者に任意整理に応じてもらうためには、弁護士の交渉力がものをいいます。 この記事では、任意整理の特徴についてお伝えした上で、任意整理を弁護士に依頼するメリットとデメリットについてご説明します。 &n...

任意整理における弁護士の選び方

任意整理は、債権者との交渉によって債務を減額していきますが、依頼する弁護士の実力によって結果も変わってきます。 慣れない弁護士に依頼してしまうと、思ったほどの減額ができない、債権者に対して最適な交渉を取れずに解決まで期間がかかってしまうことが考えられます。 今回は、任意整理での弁護士の探し方と選び方についてご説明します。特に、今回が初めて弁護士を探してみるという方は、ぜひ参考にしてご自身に合った弁護士を選んでいってみてくだ...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中