自己破産とは? | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

自己破産とは

自己破産とは、お持ちの財産・将来の収入を考えても、現在抱えている借金を返済することが著しく困難な場合に裁判所の許可を得て、法律上、借金の返済義務を免除してもらう手続きです。法的に支払い義務が免除されるのですから、今後の生活再建のためには最も有効な手段であると言えます。
ただし、100パーセント返済義務が免除されるわけではありません。租税債権や養育費の支払い義務など、破産しても免除されない債務が破産法上には定められています。また、借金の原因が著しい浪費に基づくものであった場合など、債務の免除を裁判所が認めてくれない場合もあります。
具体的にどの様な原因で債務を負ったのか、現在どのような内容の債務を負っているのか、一度弁護士にご相談ください。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットは、なんといっても債務の支払い義務が法的に免除される点です。
一方で、いくつかのデメリットも存在します。

1.財産の処分

まず、 20万円を超える財産については原則として処分されます。そのため、ご自宅を所有していたり、20万円以上の価値のある車やバイク、宝石類をお持ちの場合は、原則として処分して頂くことになります。
また、現金については、原則として99万円を超える部分について処分されることになります。

2.資格制限

次に、破産手続きの期間中(3か月から6か月間)は一定の職業に就くことができません。
具体的には、弁護士・司法書士・税理士等「士業」と呼ばれる職種、警備員、生命保険の募集人等、他人のお金を扱う仕事には就くことができません。
また、破産者が株式会社の取締役等に就任している場合には、破産の開始決定が出た際には一度退任していただく必要があります。会社との委任契約が破産開始決定により終了するからです。もっとも、開始決定後に再度会社から再任されることについては差し支えありません。

3.官報掲載

破産手続きを取ると、①破産開始決定が裁判所から出されたとき、②免責決定(債務の支払い義務を法的に免除する決定)が裁判所から出されたときの2度、官報に氏名が掲載されることになります。
一方で、戸籍や住民票に破産の事実が記載されることは一切ありません。

関連する解決事例

住宅ローンの残債務1400万円が、破産によって債務が0円に。

婚姻中に、自身の名義で住宅ローンを組みマンションを購入。 離婚後、依頼者が家を出た後は、元配偶者がローンを支払い続けていたが、支払いができなくなり家が競売にかけられた。 突然、競売後の残債務約1400万円を支払えという請求が来てパニックに。どうして良いか分からず弁護士に相談。

破産したけど、現金を90万円手元に残すことができました!

私は1000万円の借金がありましたが、あまりに高額すぎてもう途中から払う気力を失っていました。ただ、手元に100万円だけ何かあったときのへそくりとして昔から持っていたのです。 しかし、最近借金返済の督促がかなり厳しくなってきたので、もうこの100万円を返済にあててしまおうかと思っていました。そんなときに田中先生にご相談させていただきました。

年齢的に返済を継続していくことは困難であったため、自己破産を選択。 600万円の返済義務が免責(借金が免除)された。

離婚による喪失感が原因で、現実逃避の為に軽い気持ちでギャンブルを始めた。 当初は賭金も少額であり、収入の範囲内で楽しむ程度でしたが、慣れ始めると、次第に賭金が高額になった。 負けが続けば、さらに取り返そうと打ち込むあまり、ついには借入をしてギャンブルに打ち込むようになった。借金総額は600万円以上になる。 気付けばギャンブル依存症のような状態になってしまい、自ら更正しようと考えて弁護士に相談に至る。

関連するコラム

再度の自己破産

自己破産をすることで、借金の返済義務から免れることができますが、人によっては再度借金の返済が困難だと感じる人も多いです。 自己破産手続気を行った者は、借金全額免除となる代わりにその後の生活で様々な制限を受けることになります。 土地や建物、車といった財産は奪われ、取締役及び監査役といった役職資格は制限されます。 また、個人信用情報機関にはブラックリストとした登録され、数年間はお金を借りられなくなってしまうでしょう。...

任意整理から自己破産への方針移行

債務整理には、司法書士が債権者側と話し合い、将来の利息分をカットして長期分割払いや一括返済の代わりに債務の減額を受け入れてもらう「任意整理」という手続きがあります。 債務整理の中でも比較的行いやすく、これによって返済が少しでも楽になることから、債務者にとって大きなメリットと言えるでしょう。 ただし、任意整理を行ったところで完全に借金がなくなるわけではありません。 では、任意整理を行ってから自己破産に移行することは可能なの...

自衛官の借金を債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)して返済・減額・免責するときの注意点

幣事務所では、自衛官の方々から、債務整理手続き(任意整理・個人再生・自己破産)をされたいというご相談を受けることが多くあります。 多くの相談者の方に共通しているのが、勤務先に知られないように債務整理手続き(任意整理・個人再生・自己破産)をされたいという点です。 また、自衛官は国家公務員ですので、その給与は法律により決められているため、安定はしているものの、思ったよりも稼げないという認識を持たれる方もいらっしゃるようです。 ...

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中