解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

50代 夫婦

事案の概要

住宅ローンの支払をしていたものの、会社の事業縮小で収入が下がり、教育費での支払いが膨らみ、徐々に借金が膨らんでいきました。妻も借入をしていて、このままでは支払ってはいけないと思い、住宅を手放すことになりました。住宅については、夫婦で連帯保証になっており、住宅を手放しても、住宅ローンの残債務が、900万円以上残り、夫婦で総債務が2000万円にも及びました。 このままでは生活が立ち行かないと思い、法律事務所に相談をすることになりました。

結果

2000万円の負債を破産手続きで0円とすることができました。

弁護士からのアドバイス

住宅ローンを組んだ際に、夫婦で連帯保証を組んでいた場合には、片方だけが破産をしても、もう片方の債務が残ってしまうこととなります。 今回の案件では、借金の金額は多額であったものの、借金の原因は住宅ローンや教育費、事業縮小等の事情があり、浪費行為がないことを説明し、同時廃止にて手続きを認められました。 夫婦において、破産と再生等の別の手続きを取ることもあり得ます。 当事務所では夫婦双方の破産や単独の債務整理手続きを数多く扱っておりますので、どのような方針が最も適切かについて是非当事務所に相談ください。

その他の解決事例

生活保護を受給していたため、自己破産を選択。 300万円の返済義務が免除された。

障害をもつ子の監護養育が原因で育児ノイローゼとなり、浪費を繰り返す日々を送っていた。生活保護費だけでは生計を維持できず、借入を繰り返したことで、借入額が増加。 生活保護受給者であることを債権者に知られ、極度額を引き下げされてしまい、 資金繰りがショートしたため、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

支払不能状態にあったため、自己破産を選択。 1100万円の返済義務が免除された。

職場でのストレスが原因で、現実逃避のために、ギャンブルと風俗に通い詰めた。 毎月の収入だけでは足らなくなり、複数社から借入れを行ったうえでさらに通い詰めた。 キャッシング枠が利用できなくなり、ついに商品券等を購入して換金行為を始める。借金の総額は1100万円以上になった。その後、換金行為すらもできなくなり、資金繰りがショートしたため、弁護士に相談。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

信用情報に事故情報が登録されていたので、信用情報から消すために時効援用をしました。

20代の頃、友人と飲みに行ったり、ショッピングをする際は、クレジットカードで支払いをしていました。軽い気持ちでカード払いを継続し、リボ払いにしていたため、いつの間に限度額に達し、別のカードを作ってそちらでショッピングを続ける等、今思うと買い物依存症だったのかもしれません。 その後、病気をして入院することになり、バタバタして返済のことをすっかり忘れていました。1社から「一括で支払え」との通知書は届いていたのですが、かなり前のことだし…と思い放置していました。 ところが、最近になって審査が通らずクレジットカードを作成できないことが数回ありました。借金が原因だとは思うのですが、どうしたら良いのか分かりません。追い打ちをかけるように、別の債権者からも一括支払いの請求書が届き、パニックです。とてもではないですが、一括で支払う余裕はありません。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

自宅を残して、900万円の借金が300万円まで減額されました。

住宅ローンを支払いながら家族と生活をしてきたものの、生活費に補填するためにクレジットカードを使うようになりました。徐々に返済をするために消費者金融から借入をすることやおまとめローンを利用して返済を行ってきたものの、昇給やボーナスが思った以上に上がらず、借金が900万円近くになっていました。このままでは長年ローンをはらってきた住宅を手放さないといけない、家族もいるため、何とかして自宅は守りたいという思いで、ご相談を頂きました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中