解決事例 | 大阪難波(なんば)・堺の債務整理、借金問題に強い弁護士|弁護士法人法律事務所ロイヤーズハイ

大阪難波・堺の借金問題サイト、弁護士法人 法律事務所 ロイヤーズ・ハイ
60分無料相談実施中、06-6586-9400、8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中

会社員 30代 女性

事案の概要

仕事のストレスからホストクラブにはまってしまい、短期間に1200万円以上の借金を作ってしまいました。とても支払える金額ではありませんし、家族や会社の人にホストクラブに通って借金を作ってしまったことを知られることが恥ずかしく思い、どうしたらよいのかと思って、法律事務所に相談するに至りました。

結果

1200万円程度の借金を個人再生手続きで240万円程度とすることができました。

弁護士からのアドバイス

ホストクラブやキャバクラは、収入の範囲内で遊ぶ程度であればよいものの、ストレスからはまり込んでしまって多額にお金を使ってしまうことは誰にでもあり得ることです。 また、ホストクラブやキャバクラは、お客様が気持ちよくお金を使うことができるようサービスが洗練されているので、多額のお金を使ってしまうことも仕方がない部分があります。 過去の事情は変えることはできないので、これからの生活を再建するためにどのようにしていったらよいのかを考えることが大切となるでしょう。 金額や頻度、財産の状況によっては、破産手続きを選択することもあり得ます。 しかし、就かれている職業や退職金、保険等の財産を検討し、再生手続を選択することとなりました。 退職金を調べることについて、会社に発覚してしまうのではないかと不安に思われる方おられますが、弁護士の指導のもとで、会社に発覚することなく手続きを無事に終えられている方も数多くいます。 ホストクラブやキャバクラ等で人に言いにくいことで借金をされた方も、弁護士に依頼することで、あなたに合わせた最適な解決方法を検討することが出来ます。お困りのことがありましたら、是非当事務所にご相談、ご依頼ください。

その他の解決事例

アイフルから過払金185万円を回収(獲得)できました!

昔から、アイフル株式会社から生活費を借り入れては、返済を続けてきました。最終の返済からかなり時間が経ってしまったので時効で請求できないかもと不安でしたが、勇気を出して相談をしてみました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

妻が払っていると思っていた住宅ローンの滞納が発覚!家を売却して破産

結婚してから住宅ローンを組んで自宅を購入しました。私は仕事で家を空けることが多かったため、住宅ローンの支払いは妻に任せており、きちんと支払ってくれているものと信じて疑いませんでした。しかし、離婚した後、妻が住宅ローンの支払いを延滞させていたことを知りました。住宅ローンの負担もばかにならないので、家を売却することにしました。 そこまで古い家ではなかったため、住宅ローンの残額を支払っても手元にいくらか残せるだろうと思っていたのですが、予想に反し、家を売却しても債務が800万円以上残ってしまいました。予想が外れ、大きな借金を背負うことになり、どうしてよいか分からず、弁護士に相談しました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

ブラックリストに対する誤解がありましたが、説明を受けて安心して破産に踏み切れました。

結婚してから、家計を支えるため通常の仕事に加え、夜勤のアルバイトも始めました。しかし、過労のせいで倒れてしまい、一時的に借り入れで生活費を賄うようになりました。体調も回復し、職場復帰を果たし、これまで通り働けるようにはなりましたが、借金の額は500万円に達していました。 自分ではどうにもならないので破産しようと考えていますが、ネットで色々調べていると、破産すると官報に名前が載ると書いてありました。現在住んでいる家は賃貸なので、官報に名前が載ることで不動産会社に破産のことがバレてしまい、家を追い出されないか不安です。 また、破産するとブラックリストに載り、その結果ローン等が組めなくなるという情報も見ました。私には、まだ生まれたばかりの娘がいます。この子が将来奨学金を借りるようになった時、私は保証人になってやることはできないのでしょうか。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

ギャンブルや課金ゲームでの約570万円の借金を180万円まで減らし、住宅をのこすことができました。

数年前に憧れのマイホームに家族と住むために住宅ローンを組みました。しかし、仕事のストレスなどから、パチンコや競艇等のギャンブルにのめり込むようになりました。また、スマートフォンでの課金をするようになり、気が付けば、借金が500万円を超えるようになりました。おまとめローンを利用するなどして何とか返していこうと思ったものの、このままでは住宅ローンの支払いもできなくなると思い、弁護士に相談するに至りました。

借金をなくしたり減額したいが,どの手続をとったらいいの?

借金問題・債務整理・過払い金無料相談お気軽に

相談は何度でも無料!

お電話:06-6586-9400 8:30~20:30(土日祝も可能) メールでの面談予約は24時間受付中